「ふしぎな部落問題」 角岡伸彦

「第4章 被差別部落の未来」を読む


「第2章 メディアと出自」は、橋下徹前大阪市長の出自(血脈)暴きをめぐる問題、「第3章 映画・にくのひと」上映中止をめぐる問題がテーマとなっている。これらについては、すでに本ブログでも触れた(201210月および20145月参照)ので割愛し、最終章にいく。

 「第4章 被差別部落の未来」は、箕面市の北芝支部における一味違った部落解放運動のルポだ。隣の市でもあるし、登場してくる地元の活動家は若いころからの顔なじみであり、興味深く読んだ。そして思う。ああ、こういう展開もあるのだなあと。同和対策事業後の部落解放運動をいち早く模索し、そのモデルを構想し、実現するに至ったその営みの展開が手に取るように伝わってくる。場面、場面で必要とされる人材が連鎖反応のように現れ、相応の役割を果たしつつ、新たな仕掛けをしていくさまは圧巻とも言える。

 部落と部落外に横たわる壁をどう崩すかは、部落問題固有の課題でもあるが、これを克服しないことには、本当の意味での部落解放には行き着かない。そして、双方の距離が近ければ近いほど、その壁は厚く、高いのも事実だ。だから、「何でも、誰でもオッケー」を実際の場面で実行していくのは容易ではない。差別・被差別感情がからみつく人間関係をめぐるさまざまな問題が派生するからだ。それらを包み込み、場と活動を共有することで関係を結び直していく作業は、気が遠くなるほどの忍耐を要することも想像に難くない。それをヒョイと超えることを可能にするところが、北芝のすごいところだろう。

 翻って足元を見ると、同じような課題意識はずっとありながら、そうした「領域」に踏み込むことを避けてきたような気がする。ぶっちゃけて言えば、そんなことは無理だろうとの思いが先に立ったのだと思う。それにそんなことに立ち入らなくても、「現状」のままで、これまで作ってきたもので十分だろう、との思い込みもあった。しかし、時間の経過とともに財産は目減りし、成果物は劣化し、見送った課題が露わになってきている。今まさにツケが回ってきているのだが、逸した時機は戻ってはこない。その意味で、本章を読み進めると、胸の内には様々な思いが去来し、湧き上がり、千々に交錯する。

 「同和対策事業特別措置法」で大きく姿を変えたムラは、その強力なテコがなくなって14年、再びその姿を変えつつある。というよりも新たな課題を晒してきている。だから、財産の食いつぶしではなく、現状固定でもないアプローチが必要なことは明らかだ。北芝の実践が一つのモデルを示唆していることは間違いないだろう。先立つものは人であり、その意欲と熱ということになろうか。それを見出し、つなげていくところから始めるしかないだろうとの思いを定めてはいるが、まだ絵にはならずにいる。悩ましい時間が続く。(ささき)