「ふしぎな部落問題」 角岡伸彦

「第1章 被差別部落150年史」を読む

 この章では、なぜ部落差別が「賤民廃止令」以後も残ったのかという問題意識のもとに、150年の史実を追いながら解明を試みている。以下、私のアンテナに留まった部分をいくつか紹介し、考えてみたい。 

差別がなければ存在しなかった

誤解を恐れずに言えば、被差別部落や部落民は“あってはならない存在”である一義的には差別があるから残った。逆に言えば、差別がなければ存在しなかった。差別は絶対に、ない方がいい。その意味で、部落(民)は、残るべきでなかった。他のマイノリティは“あってはならない存在”では必ずしもない。あってしかるべき、あるいは一定の割合で存在する。 

コメント「差別がなければ・・・」はその通りで、歴史的な経過から言えば、「賤民廃止令」で断ち切られるべきであったろう。しかし、そうはならなかった。だから、問題はなぜ差別があり続けたのかということになる。「残るべきでなかった」とも言うが、何も残りたくて残ったわけではない。残らざるを得なかった事情・理由が社会にあったからであろう。それは「明治」から150年のスパンを超え、江戸・戦国・中世にまでさかのぼる部落にまつわる歴史とつながっているはずだ。「あってはならない存在」だと規定したところで、それは差別の歴史の中で空しく響くだけだろう。日本列島にヒトが住み着き、くらしと文化を築いていく中で、不可避なものとして賤民(被差別民)が生み出され、それが部落差別に凝縮していったのだから、それはそれとして受け止めるしかない。

 「どこ」「だれ」を明らかにした水平社の結成

地方における水平社結成の意味は、部落の「どこ」と「だれ」を明らかにしたことである。地方の各組織は、○○水平社といった具合に、部落の地名をつけた。もとよりどこが部落であるかは、周辺住民は知っていた。しかし地元の部落民は、地名を冠した水平社を結成することで自らの立場を自覚し、差別に対して仲間とともに果敢に闘うことを誓ったのである。

 コメントまさしく高らかに部落()であることを自ら公言したのだ。差別にうなだれるのではなく、昂然と胸を張って立ち向かう、新しい歴史が始まったと言える。しかしながら、その崇高な意思を共有した部落民は圧倒的多数ではなかったことも事実だ。もちろん、自覚的な人々による先鋭的な闘いは多くの人々を鼓舞したことは間違いない。しかし、それ以上ではなかっただろう。「どこ」と「だれ」に即して言えば、水平社運動は「どこ」と「だれ」を明らかにしたが、部落(民)全体を覆うには至らなかったと見るべきだろう。 

同和対策事業がはじまる

全国水平社以来の集団運動は、被差別部落を大きく変えた。都市にあった老朽家屋群は、やがて公営団地に変わった。ここで注目したいのは、部落解放運動の成果として実施された同対事業は、「どこ」と「だれ」を明らかにしなければできなかったという点である。行政はどこが部落(同和地区)であるかを範囲指定した上で、環境改善に取り組んだ。また、だれが部落民(同和地区住民)であるかを決めた上で、奨学金の給付や就労対策をおこなった。“本来あってはならない存在”が、行政によって、明確にされたわけである。 

コメントある意味、同和対策事業は水平社が超えることができなかった「どこ」と「だれ」の問題を突破したと言えるだろう。厳密に言えば、事業の受給の申請=部落民としての名乗りであるが、もちろん皆がそれを意識していたわけではない。いろんな意味で困っているから、生活の必要上から、せっぱつまっているから、そうしたというのが正解だろうが、それでもその意味はとてつもなく大きかったはずだ。動機がどうあれ、多くの部落民にとってそれまで生きてきた歴史の中で、部落問題・部落差別と主体的に向き合う初めての契機となったはずだ。しかし、その時はその意味の大きさ・重さを、部落解放運動150年のスケールに照らして解釈することはなかったと言っていい。その意味で言えば、「どこ」と「だれ」を明らかにするビッグ・チャンスをみすみす逃してしまったと言えるだろう。この時であれば、それは大いに現実的なものとしてあったはずだ。そして、もしそれができていたら、部落問題や部落解放運動のその後のありようは大きく変わっていたはずだ。しかし、そうはならず、「どこ」と「だれ」をめぐる問題は新たな局面に立ち至る。

 ネット版部落地名総鑑の登場

そもそも部落の「どこ」と「だれ」を明らかにするのは、基本的には部落民自らであり、第三者が介入すべきことではない。それらの情報は、他者によってさらされてはならないはずである。他者によってなされる場合は、当事者との関係や状況が問われる。それはなにも部落問題に限ったことではなく、障害者、同性愛者などあらゆるマイノリティにも言えることである。 

コメントこれは言わずもがなのことだろうが、そんなことすらわきまえない輩が登場してくるのがネット社会だ。当初は匿名での情報が氾濫していたが、それには飽き足らずに実名で、有無を言わさずに公開するという、おおよそ考えられない輩が出現するに至った。ねじ曲がった部落観・解放同盟観を持った彼らは確信犯・愉快犯として、自らその存在を世に問うている。これにどう立ち向かうのか、「どこ」と「だれ」をめぐる部落問題の固有の問題が新たな次元に立ち至ったと言える。

 差別の再生産も

部落を暴こうとする者と、それを阻止しようとする者の争いは、いたちごっこである。ここ十数年のインターネットの普及で、暴く側のスピードが加速し、部落の「どこ」が、より明確になってきた。「どこ」は、次は「だれ」につながるだろう。ネットでいったん開示された情報は、回収することは絶対に不可能である。誰かが必ず、保存している。その情報は必ず、再利用される。部落地名総鑑がその好例だろう。
情報化社会の到来で、かつての被差別部落の記録が、よみがえろうとしている。それどころか情報は書き加えられ、更新されている。その情報を現代社会がどう受け止めるのか。忌避の対象とするのか、関心を持って部落問題への理解を深めるのか。あるいは無関心をきめこむのか―。
賤民廃止令から150年が経とうとするいま、ふりだしに戻ったような気がする。 

コメント「ふりだしに戻ったような気がする」かもしれないが、問題は新たな局面にあるといった方がいいだろう。これまで部落解放運動が整理しき切れずに来た「どこ」「だれ」に関わる問題が改めて突き出され、対応を求められているからだ。著者も書いているが、一方で「誇れ」と言いながら、他方では明らかになることに「蓋をする」といった矛盾するようなことが現実にはある。ネットに情報を晒されるのは、ここを突かれているということもできるだろう。だから、断乎糾弾とは言ってみても、打てる手は限られるし、しかも即効性はない。「情報は必ず、再利用される」、いや、すでに再利用されているだろう。どうするのか?運動体が問われていることはもちろんだが、部落差別を残してきた社会にある私たち一人ひとりがどう向き合うのか、それによって問題は変わってくるはずだ。そして思う。「どこ」と「だれ」を自らに引き受け、差別を糺していった水平社同人が歩いた道を、今再び歩かんとする者が登場することなくして、150年の歴史は断絶し、部落問題は「得体の知れない問題」として人々の意識下に潜り込むだろうと。願わくは、「ふりだし」に戻らずに、部落問題のありように新たな関心と興味が呼び起されんことを!
(ささき)