「東京帝大 叡古教授」  門井 慶喜

元は旗本だったが、明治維新で没落し、借財を背負い、貧民街に流れ込み、露天商で糊口をしのいでいたおはつ一家。末っ子を医者にするために兄弟共にうちそろって貧苦に耐えていたが、夢はあえなくつぶされる。日露戦争で召集された末っ子が病死したのだ。悲嘆にくれる一家に魔手が延びてくる。

 その背景にあったのは、「七博士意見書(しちはくしいけんしょ)」。本書で初めて知ったが、日露戦争開戦直前の1903年、当時の桂首相や小村外務大臣らに提出され、桂内閣の外交を軟弱であると糾弾し、「満州、朝鮮を失えば日本の防御が危うくなる」と主戦論及びロシアの満州からの完全撤退を唱え、対露武力強硬路線の選択を迫った。世論の反響も大きかった。

 何者かにそそのかされたおはつ一家は、末っ子の敵討ちとばかりに、七博士の殺害に及び、三つの殺人事件を起こす。七博士と意見を異にした宇野辺叡古東京帝大教授が「犯人」に仕立て上げられそうになるが、叡古教授がフンベルト・エコーばりに真相解明に動くというストーリー。そこで、脇役となるのが、本書の語り手・同県人(熊本)の阿蘇籐太。政治家になる夢を抱いて、叡古教授の元を訪れた熊本第五高等学校の学生で、上京して事件に遭遇する。

 そして、もう一人、叡古教授の幼馴染でもある國民新聞社主の徳富蘇峰が大きな役回りを演じる。國民新聞は、徳富蘇峰が1890年(明治23年)に創刊した日刊新聞で、最初は「平民主義」を唱え、平民主義の立場から政治問題を論じていたが、三国干渉問題を契機に帝国主義的国家主義の立場を取るようになる。日露戦争終結時には講和賛成を唱えたため、190595日には暴徒の焼き討ちに遭った(日比谷焼打事件)。 

史実を織り交ぜながら進行する物語は、知的ミステリーそのもので、飽きさせず、わくわく感が絶えない。果たして「犯人」は誰なのか、どうやって殺人に至ったのか、結末に向かうにしたがって、心がはやる。

 そうそう、阿蘇籐太なる人物は実在し、戦前・戦後、外交官・外務大臣として「活躍」し、敗戦後、ミズーリ号で降伏文書に署名した人物であることも最後に明かされる。(ささき)