ひとりぼっちを笑うな
蛭子能収

 


タイトルを見て笑い、著者を見て笑った。あの蛭子さんだ。

さらに、本の帯には蛭子さんの笑顔の写真が掲載されている。

笑わずにはいられなかった。そしてページをめくらずにはいられなかった。

テレビでもマイペースな雰囲気を漂わす蛭子さん。
旅番組に出演してもご当地の名産を食べずにカレーやラーメンを注文する。

これといって面白いことを言う訳でもないし、池上彰のように博識でテレビに出ているとも思えない。

だけど、よくテレビには出てらっしゃる。

この本を読む前に蛭子さんがフェイスブックについての自分の考え方を書いていた。

「なぜ友達にならないといけないの?」「なんで、いいね!ってしないといけないの?」

「繋がらなければいけないの?」と本当に素朴な疑問が蛭子さんらしいな感じた。

そして本書の冒頭で、東日本大震災が起きたとき、「つながろうニッポン」とか

「絆」とかいう国をあげてのメッセージやキャンペーンに違和感を抱いたという部分に私はとても共感した。

震災で多くの人が被災し家族を失ったことに心を傷めない人はきっといない。

だからってみんながみんな繋がる必要はない。つながらなくとも支援や援助やお手伝いはできる。

団結しないヤツはダメみたいな空気がすごく嫌だった。そのことを蛭子さんも本書で指摘していた。

時々、「それはおかしいよ、蛭子さん」と思う部分もあったりしたが、本人は至って平気。

全くもってご自身はマイナス思考ではないし、むしろひとりぼっちを楽しんでいる。
人とのつながりでしんどい思いをしてストレスを溜めるぐらいなら、1人のほうが楽しいし楽だ。
社会に出るにはある程度の荒波には揉まれた方が人として成長はするが、がんばりたくてもそこまでできない人もいる。

人は見た目で人を判断しがちだ。きっと「蛭子さんって何も考えてなさそう」とか

「友達いなさそう」と思ってる人は多いかもしれない。だけど蛭子さんはこれっぽっちも寂しそうではない。

ヘラヘラ笑って物事を深く考えていないイメージの蛭子さんだったが(失礼)、

石原慎太郎の尖閣諸島購入の発言に対してやヘイトスピーチに対する持論を展開していてとても面白かった。

人間関係がしんどいのなら1人で黙々とする仕事をすればいいという意見はそういう考え方もあるんだなと思わされた。

サラサラと読めた一冊でした。

 
戻る