「田園発 港行き自転車」  宮本輝


どんな縁で、どこで、誰と、出会い、どのようにつながるのかは、誰にもわからない。それぞれの人生の歯車はそれぞれが回すことができるが、他人のそれは不可能だ。だから、擦れ合ったり、噛み合ったりすることは常に起きる。本書は、それぞれの歯車が、何かに惹かれるかのように、一点をめざして重なりあっていく。驚くようで、かつ無理のない「しかけ」がそこにはある。

東京でのくらしに馴染めずに疲れをため、帰郷を決意し、送別会で富山が好きだと話す千春。千春を思い遣る上司の川辺は娘の不倫問題を抱えるが、バーで友人のマスターから、富山で雪の中を20キロも歩いた話を聞く。別の女性客が「ゴッホの『星月夜』がもうじき真帆の部屋に着くわ」と話しているのが聞こえる。

東京に住む賀川真帆(35歳)は絵本作家。15年前、宮崎へゴルフに行っていた筈の父親(カガワサイクルの社長)・賀川直樹は、何故か富山県の滑川駅で心筋梗塞の発作で急死している。京都の出版社の担当編集者で同い年の多美子と富山から滑川へと自転車旅行をすることになる。

物語の芯に父の死にまつわる謎が横たわりつつ、多彩な登場人物が織りなす人間模様で話が進んでいく。どこかでつながるんだろうなと思いながらも、その筋が見通せず、それがいやがうえにも好奇心を呼び起し、先への興味をそそる。さすがのつくりだ。

京都の花街も大事な舞台となっている。甲本雪子は母親が始めたお茶屋バー「小松」を引き継いでいる。馴染客が十数年ぶりに店を訪れ、謎解きにも似たドラマが始まる。

富山市内で美容院を営む夏目海歩子(47)とその息子(中学生の佑樹)は滑川市に住んでいるが、この二人が物語の大きなキーを握っていることを予感させる。

直樹の死の謎とは?登場人物たちはどうつながるのか?ストーリーは薄皮をはがすように進行していくが、それはピースの一つひとつがはめ込まれていくパズルのようなドキドキ感がある。

 舞台となった富山の滑川や入善、黒部の街や田園風景などが、目に浮かぶようにリアルに描写され、とても魅力的だ。何よりもゴッホの「星月夜」を思わせるという「愛本橋」には行ってみたくなった。(ささき)