「誰が差別をつくるのか」(吉田早悠里)

〜第6章 自己像を見つめ直す  第7章 権利保障を求めて

カファ地方では、精霊エコの力を信じ、エコと交信する能力をもつ霊媒師アラモを介して、神イェーロを崇拝するエコ信仰が実践されてきたが、カファはエチオピアで独自に生まれたエチオピア正教に改宗している。マンジョの改宗には断固反対し、マンジョはプロテスタント諸派に改宗している。

 一方、マンジョは1997年から4つの目的で請願活動を始めた。一点目は、マンジョがカファとシェカから差別されている状況を改善すること。二点目は、マンジョが固有の民族であることを政府に認定してもらうとこと。三点目は、マンジョのなかから役人、教師、警察官、農業普及員などの公務員を輩出することと、人民代表議会に代表を持つこと。四点目は、マンジョ自身が行政を行う地方あるいは地区を獲得することである。

2008521日、南部諸民族州議会第10回定例会で、マンジョに対する差別が存在していることを認め、差別を改善するための方策を提示したが、カファ・シェカ・マンジョの間での文化的差異や言語的差異は確認されないとし、特定の居住地を持たないマンジョは民族の定義を満たさないとした。マンジョは独自の歴史・文化・言語・居住地を持っていないため、民族ではないとの結論に至った。

これをうけて、カファ地方で政府によるアファーマティブ・アクションや、NGOをはじめとする支援機関によってカファとマンジョの関係を改善するための取り組みが行われるようになったが、アファーマティブ・アクションは、カファの教育や就職機会を奪うことにつながり、「逆差別」であるとの反発も出ている。差別の存在を認定し、差別をなくすための取り組みを実施することが、差別を実体化させ、カファとマンジョの関係を「差別」として変化させることにつながっているのである。 

●コメント
カファがマンジョの改宗に反対するのは、同じ宗教になって席を同じくしたくないという拭い難い忌避意識ゆえだ。そして、マンジョは憲法に明記された「民族」の規定を根拠に取り組んだ請願活動は、所期の目的を達成することはできなかったが、差別の存在を認めさせ、改善策を取るに至らせた。しかし、アファーマティブ・アクションは差別を強化・顕在化させ、逆差別だとの反発を生み出すに至る。
 

一連の過程は、部落問題のそれを想起させるもので、差別問題の処方箋の困難さを痛感させられる。しかし、問題の本質は、差別が存在することにあるのであり、その緩和策や改善策事態の是非にあるのではない。ここを間違うと、本末転倒に陥ると言わねばならない。そもそも、忌避や差別が当たり前のように存在していた長い時代があり、人々はそこに「安住」してきた。その意識やふるまいは、忌避と差別に彩られたものであった。そうしたありようを顧みることなく、「差別の現実」が変えられようとする事態を目の当たりにし、狼狽し、「逆差別」なる言辞でこれを撃つことは、一体いかなる料簡か、言わずと知れたことではなかろうか。