「第4章 マンジョの生活」「5章 生活のなかの忌避」より

 デルグ政権期以前のカファ地方は、森林やそこに棲む野生動物もかなり残っており、マンジョはイノシシ、ブッシュバック、バッファロー、コロブス、ヤマアラシなどのほか、ゴジュブ川に棲むカバやワニも狩猟の対象にしたが、コロブスやイノシシなどは、カファは食べることを禁忌としていた。ヤマアラシの肉は万能薬としてみなされており、マンジョはカファに依頼されてヤマアラシを捕獲することもあった。現在でも一部のマンジョは狩猟や漁撈を行っているが、生業の中心は農業へと移り変わり、マンジョの食卓に野生動物が登場することはほとんどない。

 デルグ政権期以前に出生したマンジョの大半は、学校教育を受けていない。マンジョが学校に通おうとすると、カファが「マンジョがなぜカファと一緒に並んで勉強することができるのか」と、一緒に同じ教室で学ぶことを拒否したために、マンジョは教育を受ける機会を逸してきたとからだと言われている。

 カファ社会では、カファ、マンジョ、マンノの間や、地位、年齢、性別のほか、月経、産褥など身体の状況によって、共食、空間の共有、通婚などの側面において忌避がある。カファは、マンジョと共に食事をすることや同じ食器を使って飲食をすることを忌避する。これは、マンジョが日々使用している調理器具は、カファが不可食とするものを調理しているものとみなされているためである。

 力ファとマンジョの間での忌避が薄れつつある一方で、今日においてもカファとマンジョの間での結婚はない。カファの多くは、自らがマンジョと結婚しないだけでなく、自分の子どももマンジョと結婚させることはないという。それは、親族に反対されるという理由だけでなく、マンジョと結婚させることによって世間から後ろ指を指されるからであるという 

カファは、初対面の場合であっても、その人物がマンジョであるか否かを判断することができると語る。たとえば、その人物がマンジョか否かは、その人物の外見や臭いでわかるという。また、カファ地方に生活するマンジョはカファ語を用いているが、マンジョとカファの人々は「言葉を交わせば、その人がマンジョであるかどうかは判明する。なぜなら、アクセントやイントネーションが異なるから」と語る。

 以上から、カファが語るマンジョは、カファにとって不必要なものを食し、身体的に醜く、不衛生であり、無知な野蛮人、遅れた人々という否定的イメージを有した他者カテゴリーとしての「マンジョ」であるといえる。そして、カファは否定的他者として「マンジョ」を語ることによって、マンジョを自らより下位に位置づけ、マンジョへの忌避を正当化するのである。

 カファ王国の崩壊以降、カファとマンジョの関係は大きく変化している。たとえば、カファ王国のもとでマンジョが担ってきた国境、王宮、王墓の警備の役割は消失した。さらに、デルグ政権の下で、マンジョはカファと同様に土地を獲得した。カファによる否定的ステレオタイプ化に基づくマンジョに対する忌避は、従来の慣習的忌避関係とは異なるものである。また、マンジョがマンジョであることを理由に、学校教育から排除されることや、カファから暴力を受けることは、慣習や「文化」として説明されるものではない。むしろ、その関係は、差別としての色を濃くしている。

 カファとマンジョの関係を、全て差別とみなすことも妥当ではない。カファとマンジョの間での慣習的な忌避は、現在もカファ社会の日常生活のなかに埋め込まれ、身体化されているからである。ただし、何を忌避とみなし、何を差別とみなすのか、その線引きは極めて難しい。

  

 カファとマンジョとの間の忌避は、時代が進むにつれて変化をするが、両者を隔てる壁として根強くあり続ける。カファは忌避を「正当化」するために、マンジョに対する否定的イメージを貼り付ける。そして、忌避は「差別」へと展開していくが、カファとマンジョとの関係のすべてを「差別」でひとくくりにすることもできないという。
 それにしても思うことは、カファが言うところの「忌避(差別)の徴」なるものは、極めて主観的なもので、「徴」足り得ない。もちろん、「徴」とは、忌避(差別)する側が勝手に押し付けるもので、もとより根拠足り得るものではない。しかし、忌避(差別)は明確に存在し、時代を貫いて生き続けているのだから、その合理的な説明は不可欠だ。後半に期待をつなごう。
(ささき)