「誰が差別をつくるのか」 3章 歴史に見るカファとマンジョ 

9つの州の1つ、南部諸民族州は、人口約1500万人。1995年にエチオピアが各民族に州を割り当てた際、かつては独立していた各民族をまとめて形成された。公用語は連邦の公用語であるアムハラ語で、45の民族集団が暮らしている。宗教的にはプロテスタントの55.5%、エチオピア正教の19.9%、イスラム教徒14.1%、伝統宗教6.6%、カトリック3%となっている。

その南部諸民族州に位置するカファ地方は、首都アディス・アベバから南西に460キロメートルほど離れ、標高5003,000メートルの起伏に富む山地で、岐阜県に相当する面積で、10地区に分かれている。カファ社会では、カファもしくはゴモロ、マンノ、マンジョのいずれかに属するものとして区別され、マンノとマンジョはカファと同様にカファ語を話し、カファと同じ村に共住しているが、カファとは異なる集落を形成している。

 カファ王国時代14世紀中頃〜1897年)、住民は自由民のカファ、職能集団、マンジョ、奴隷に区別され、カファは王や行政官を輩出した。カファが農業を主な生業とする一方で、マンジョは狩猟を主な生業とし、コロブス、イノシシといったカファが食することを禁忌とする野生動物や魚、カバ、ワニも食していた。こうした区別は、日常生活における人々の相互関係のなかにも表れ、忌避関係を形成した。たとえばマンジョは、自身よりも地位が高い人物の家へ立ち入ることや、カファと同じ道を通ることを許されなかった。食事、家屋や敷地への立ち入りにも忌避があり、通婚はなかった。

マンジョは、野生動物に関する知識や狩猟の能力をかわれてカファ王国の王侯貴族に勢子(せこ)として仕えたり、森林資源を供給したりしたが、彼らの最も重要な職務はカファ王国の王宮と王墓の警備、王都の入口、王国の国境の警備であった。また、カファ語は文字をもたなかったため、マンジョは伝言伝達人として重用された。また、カファ王国は、紅海交易の産品とされたコーヒー、象牙、麝香の産地として、奴隷の供給地として名を馳せたが、麝香をもたらすジャコウネコを捕獲するのはマンジョの役割であった。

 エチオピア帝政期18971936年)、1880年代に入るとエチオピア帝国の領土を拡大するメネリクU世の勢力がカファ王国に忍び寄り、1897年、ラス・ウォルデ=ギヨルギス率いるアムハラとの戦闘を経て、エチオピア帝国に編入された。カファ王国では精霊エコの力を信じ、エコと交信する能力をもつ霊媒師アラモを介して、神イエ―ロを崇拝するエコ信仰が行われてきたが、ラス・ウォルデ=ギヨルギスが最も力を入れたのは、キリスト教への改宗であった。カファ王の王宮とエコ信仰において儀礼を行う「エコの家」を壊し、その土地にエチオピア正教の教会を建設した。

カファの人々は、エチオピア人の「優れた人物」の規範に従うことを熱望し、改宗した。新たに断食や食物禁忌の習慣ももたらされ、衣服をはじめとする外見上の変化やアムハラの慣習への適合と文化変容を引き起こした。エチオピア北部出身者の重要な習慣のひとつである割礼も受け入れられていった。しかし、イノシシやコロブスなどの野生動物を食物禁忌としているため、それらを食すマンジョがエチオピア正教に改宗することはほとんどなかった。このことは、エチオピア正教徒のアムハラやカファによるマンジョに対する蔑視につながったといえる。

 ハイレ=セラシエ帝政期19411974年)、土地を登記し、所有したカファが力を持つようになり、高等教育も受けるようになったが、土地や経済力を有さないカファやマンジョは、教育を受ける機会を獲得することができず、政治・行政に携わることもなかった。

 デルグ政権期19741991年)、社会主義の思想のもとで人々は平等とされ、土地が国有化・再分配され、マンジョも土地を所有するようになった。同時に、再定住政策や森林伐採を伴う農地開拓などにより、森林とそこに棲む野生動物が激減していくなかで、マンジョの生業であった狩猟は困難になっていった。カファとマンジョの関係を改変させるべく、さまざまな取り組みが実施されたが、そのひとつとして、マンジョをエチオピア正教のキリスト教徒にすることが試みられた。マンジョが改宗し、野生動物を食すことをやめ、衛生面にも気を配るようになることで、関係が改善すると予想されたからである。しかし、カファによる反発は大きく、関係を変化させるには至らなかった。

また、多くの村に小学校が建設され、カファやマンジョの子どもたちに開かれたが、マンジョが学校に通うようになると、カファの生徒から教室に入ることを妨害され、教室から追い出されたり、学校に通う道中でカファから暴力を受けることもあり、進学率は増加しなかった。日常生活においてカファとマンジョの間での差異は徐々に薄れていったが、マンジョが政治・行政に関わることはなく、政治的な格差は埋まらなかった。

 エチオピア人民革命民主戦線EPRDF)政権期1991〜現在)、カファは固有の民族とされ、カファ地方の行政を一手に担うとともに、人民代表議会の代表者を持ったほか、連邦政府の役人も輩出した。しかし、カファと歴史や文化、言語を共有するマンジョは、民族ではなく、あくまでカファのクランのひとつであるとされている。アファーマティブ・アクションでマンジョは優先的な教育・就職の機会を与えられ、公職に就く者も登場しているが、依然として社会・経済・政治的にカファに権力が偏る状況にある。

 ここまでが第3章のあらましだが、マンジョとカファにまつわる「忌避」は、政治体制の変遷のなかで、強弱はあっても一貫して続いている。しかし、かつては狩猟・漁撈と農耕という二つの世界に棲み分けをし、相互依存関係にあったことがわかる。いわば、咎めだてをする者は誰もなく、お互いの持ち場で、その能力を発揮し、「平穏」にくらしを紡いでいたのだろう。それが、歴史の流れに洗われるなかで、平穏が破られ、敵対的な関係が顔を覗かせるようになっていく。特に、エコ信仰からエチオピア正教の改宗による文化的変容が「蔑視」へとつながっていったとの指摘は重要だ。
 これは、狩猟・漁撈を生業としていた陸奥の「蝦夷」が、大和政権による侵略と稲作文化によって、生活の場を追われていった歴史と重なるところがあるような気がする。もちろん、「忌避」と侵略とを同一視することはできないが、時と場所は違っても歴史は同じような歯車を回すものなのかもしれない。
(ささき)