吉田早悠里 著

「誰が差別をつくるのか」

エチオピアに生きるカファとマンジョの関係誌

 こんな書名を見てしまったら、見逃すわけにはいかず、資料室の蔵書として購入してもらった。400ページあまりの大著だが、興味津々にページを繰りはじめた。これは・・・やはり難物という印象を持った。エチオピアで思い浮かぶのは、裸足のマラソンランナー・アベベ、首都はアディスアベバ、ハイレセラシエ皇帝くらいだ。

読み始めたばかりだから、エキスに関わることは書けないが、入口の部分を紹介してみたい。まず、著者は自らの問題意識をこう記している。

「今日、差別は、すべての人間にとって保障されるべき基本的人権を侵害する問題であり、国家のみならず、国際機関やNGOをはじめとした支援機関がその解決に尽力している。ただ、『差別』という言葉がとらえる現実と、日々の生活における現実は、同一のものなのだろうか。私たちが差別を語ることによって、『差別』という現実が生み出されてはいないだろうか。このことについて、エチオピアにおけるふたつの集団関係をもとに考えていきたい。」 

核心は、「『差別』という言葉がとらえる現実と、日々の生活における現実は、同一のものなのだろうか。私たちが差別を語ることによって、『差別』という現実が生み出されてはいないだろうか。」にあると思われるが、何を言わんとしているのか、ちょっとわかりづらい。まあ、ここを押さえておこう。 

さて、エチオピア(エチオピア連邦民主共和国)は、80以上の民族からなる多民族国家で、民族ごとに構成される9つの2つの自治区からなる連邦制(1995年に導入)をとっている。本書は、そのうちの一つである「南部諸民族州」のカファ地方に生活するカファとマンジョを対象として、著者が2004年以来足かけ10年、現地調査は約30ヶ月・10回に及んだ研究の一端である。カファ地方は、コーヒーの野生種が自生し、コーヒーの語源であるとされるほか、「コーヒー発祥の地」としても知られている。 

カファ地方には、14世紀中頃から1897年までカファ王国があり、アラビア半島との紅海交易において貴重な商品とされたコーヒー、麝香、象牙などの産地、奴隷の供給地として栄えた。1897年にカファ王国がエチオピア帝国に編入された後、エチオピア帝政(18971936年)、イタリア統治(19361941年)、ハノレ=セラシエ帝政(19411974年)、デルグ政権(19741991年)、エチオピア人民革命民主戦線(1991〜現在)の6つの政権による統治を経てきた。 

マンジョは、エチオピア南部諸民族州カファ地方を中心に広範囲に居住し、同一地域内に暮らす住民と同じ言語を用い、入り混じりながら共住している。だが、マンジョはかつて狩猟を主な生業とし、共住する人々とは異なるアイデンティティを有し、差異化されている。

 1880年代から1980年代までの研究は、マンジョの地位を「パーリア」「人間以下」という語彙によって説明し、「差別」という語彙は用いていない。一方で、1990年代からの研究は、マンジョとカファの関係を「差別」「周縁化」という語彙によって説明すると共に、その「差別」の起源はカファ王国時代に遡ると論じている。「差別」「周縁化」とは、マンジョが日常生活においてカファから挨拶、共食、家への立ち入り、カファが経営する店への入店とそこでの飲食、通婚などを忌避されていることを示している。

 ただし、カファとマンジョの関係がいつごろから差別と呼ぶものとなったのかについては曖昧である。1990年代以降の研究はあくまで現代のカファ社会を研究対象としている。そのため、伝統的なカファ社会と、現代のカファ社会をつなぐためには、カファ王国時代から現在までのおよそ100年の歴史を明らかにする必要がある。 

サブタイトルにあるように、カファとマンジョをめぐる関係史を解き明かすのが本書の狙いらしいことが読み取れる。100年の歴史を読み解くことによって「忌避」と「差別」にまつわる事情が浮かび上がるようだ。いやがうえにも好奇心はかきたてられる。さあ、先に行こう。(ささき)