「浅草弾左衛門全三巻 (塩見鮮一郎)

塩見鮮一郎さんの「浅草弾左衛門」(3冊)は、各600ページの大著だ。センター2階の資料室の本棚にずっとあったのを読む気にさせたのは、中尾健次さん(故人)の「弾左衛門」(解放出版社)だ。 

その中で最後の弾左衛門(13代・小太郎)について、「小太郎の父利左衛門の母親は、摂州豊島郡新免下村の長吏吉右衛門の娘である。また、小太郎の母せんの父親は、京都元銭座村の長吏頭だった専左衛門、母親は摂州兎原郡都賀村の生まれ・・・」と書かれていた。

「あっ!」と声が出るほどにビックリ!というか、ほんま?と。「新免下村」って?そう、豊中のムラだ。あの弾直樹の父方の祖母が豊中のムラの人だったとは!これを知らずにいたことが恥かしい、というよりはもったいないことだと思った。

 

そこで、塩見さんの「浅草弾左衛門」を紐解くことになった。たくさんの資料も掲載されているが、小太郎の系図に関わるものはもう1冊の「資料編」にあることがわかり、早速取り寄せてもらった。それは巻末にあった。やはり間違いなかった。そして、大著に挑戦することになった次第。かくして手に取った「天保青春篇」「幕末躍動篇」「明治苦闘篇」。読み出したら、これがとてつもなく面白い。先へ先へと気持ちが急くほどにだ。資料を駆使したリアルな描写が、かの時代のイメージを彷彿とさせ、600ページの分量を思わせない。

 関八州の穢多・非人の頂点にある弾左衛門の権勢は、大名並みだが、その力は町奉行から与えられたものであり、幕府の支配体制に組み込まれている。その意味では、町奉行は絶対的な存在だが、逆の意味では、弾左衛門体制なくして、町奉行による秩序の維持や、ひいては幕府の安泰はないという、いわば相互補完の密接な関係にある。それは、江戸幕府のおひざ元であるがゆえに成立した仕組みでもあったのだろう。非人頭・車善七による弾左衛門支配からの離脱をめぐる争訟や、歌舞伎の演目「助六由縁江戸桜」は、役者が弾左衛門の支配から脱した「勝扇子」裁判がネタになっていることなど、被差別民同士のぶつかり合いもあったことがわかる。 

幕末から「明治維新」の流れの中で、最後の弾左衛門が見せた動きも驚きだ。悲願である賤民身分から脱するために、ツテと金をたよりに、あらゆる方策を講じる。結果、まず自身が脱賤を果たし、続いて「手代」も続く。そして、あとは、一度にやれば混乱するから、自分に任せてほしいと言う。だが、資本主義化を急ぐ明治政府には「待つ」時間がなかった。斃牛馬の勝手処置令に続き、賤民解放令を一気にやった。そして、弾左衛門は全ての権益を失った。だが、手は打ってあった。西洋化が軍隊に及ぶことを見越し、皮革を扱ってきたことを活かし、軍靴の製造の準備にかかっていた。だが、これも競争相手の出現によって軌道には乗らなかった。養成した職人が靴職人として自立していったことがせめてもの救いと言えようか。

 穢多・非人たちをはじめとする被差別民は、居住・職業・身分において歴然と画され、差別と賤視があった身分制のもとで、彼ら独自の世界をつくりあげ、肩を寄せ合い、支え合いながらくらしていた。その世界は、農民・町人社会から隔絶されてはいたが、裁判権も併せ持った弾左衛門が支配する異空間でもあり、差別は宿命と従容と受け入れれば、その限りでの「安全」は確保されていた。しかし、明治維新を機とした「改革」は、そうしたありようを根底から覆し、さながら身ぐるみはがされて、路上に放置されるも同然のありさまとなった。そして、役負担と生業もなくなり、税負担や兵役の義務だけが重くのしかかり、貧困の極みに追いやられていった。同じ「平民」となった農民や町人は、不平不満の的を彼らに向け、賤視だけが強まった。互いを隔てる壁が壊され、眼前にその存在が立ち現われるや、打ち込まれていた分裂支配の楔が働くことになったと言える。差別は、人と人との関係性によるものだということだろう。

 摂州兎原郡住吉村の少年・小太郎が、13代目弾左衛門として江戸の土を踏み、1840年から1889年まで穢多頭として、幕末の動乱から「賤民解放令」の激変をしたたかに生き抜いた。その歩みは壮大な歴史ドラマと言える。じわっと感慨が湧き出て、余韻に包まれる。映画にでもなれば、すごいものができそうだ。

 その居住地・浅草界隈は何度か訪れたが、意識していなかったこともあるが、それと気づくようなものはなかったような気がする。またの機会があれば、下調べをして、痕跡をたどってみよう、そんな思いにさせられた。(ささき)