第一次大戦の"―世界戦争と日本文学

中山 弘明() 

2014年は、第1次世界大戦から100年ということを念頭に置きながら、どんな切り口からアプローチをしようかと模索をしてきた。新聞でもこのテーマが散見されるようになり、材料も出そろってきた感がある。

早くから着目してきたのが、「第一次大戦が日本社会にもたらした意味を、当時の新聞・雑誌、講談、演劇、短歌、落首などのなかにさぐる、文学世界戦争をめぐる意欲的試み」をされている中山弘明さん(徳島文理大学)だ。

まずはその本をと、取り寄せて読みだしたが、これが想定外の“難物”で、一向にはかどらないどころか、中座しそうになるくらいめげた。しかし、とりあえず通読だけはしようと決め、活字を追った。

文学世界戦争に惹かれたわけだが、網羅されているジャンルの広さ、出て来る人物の多様さ、作品世界の異色ぶり・・・私ごときが及ぶところではなかった。字面を追っただけだから仕方がないが、自分の読解力のなさを痛感させられた次第。
どなたか読み切っていただけたらありがたい。


(「書評」にかえて ささき)

 目次

第一次大戦と日本文学

I 戦争論の時空
第一章 生田長江の戦争論第一次大戦期の批評言説
第二章 中澤臨川の批評言説世界戦争と〈科学〉

II 世界戦争とメディア言説
第三章 報道言語の中の世界戦争杉村楚人冠と大庭柯公
第四章 『第三帝国』の岩野泡鳴第一次大戦期のメディアとジェンダー

III 第一次大戦とパフォーマンス
第五章 〈社会講談〉という戦法世界戦争と民衆芸術
第六章 坪内逍遙のデモクラシー世界戦争とページェント
第七章 現象としての〈レマルク〉舞台の上の世界戦争

IV 第一次大戦の現象学
第八章 〈赤光〉の時代第一次大戦期の短歌表現
第九章 落首と米騒動危機の時代の短歌
第一〇章 野口米次郎の翻訳言語第一次大戦期の日本文化論

V 〈戦後〉へ
第一一章 〈荒地〉のメディア論戦争・コラム・ミステリー