「恋の華 白蓮事件」 永畑道子

NHK連続テレビ小説「花子とアン」で、仲間由紀恵が演じる葉山蓮子のモデルが“大正三美人”と言われた「柳原白蓮」で、好演ぶりも含めて注目されていることを知り、白蓮その人を知りたいと思い、手に取った。

 柳原 白蓮(やなぎわら びゃくれん、1885年(明治18年)1015 - 1967年(昭和42年)222日)は、大正から昭和時代にかけての歌人。本名は宮崎Y子(みやざきあきこ)、旧姓:柳原(やなぎわら)。父は柳原前光伯爵。母は前光の愛仁のひとりで、柳橋の芸妓となっていた没落士族の娘奥津りょう。東京に生まれた。大正天皇の生母である柳原愛子の姪で、大正天皇の従妹にあたる。

 年譜を拾う。

1894年(明治27年)、9歳で子爵・北小路隨光(きたこうじ よりみつ)の養女となり、1900年(明治33年)、同居する資武と結婚、翌年、15歳で男子(功光)を出産。1905年(明治38年)、子供は残す条件で離婚が成立し、20歳で実家に戻る。

1911年(明治44年)、九州の炭鉱王・伊藤伝右衛門と結婚し、「華族の令嬢が売物に出た」と話題になる。

1919年(大正8年)、戯曲『指鬘外道』(しまんげどう)が評判となって本にする事になり、翌年1月、宮崎龍介(27歳)が別府を訪れる。この出会いが運命を変える。龍介は、「中国革命の父」といわれた孫文を支援した宮崎滔天の長男で、東大の学生運動組織「新人会」を結成して労働運動に打ち込んでいた。

1921年(大正10年)1022日、大阪朝日新聞に「『筑紫の女王』伊藤Y子 伝右衛門氏に絶縁状を送り 東京駅から突然姿を晦(くら)ませす 愛人宮崎法学士と新生活?」の見出しで失踪の第一報が伝えられる。女から男に宛てて、新聞という公器を使って縁切りの宣言を行うという前代未聞の出来事は、世間を大いに揺るがした。

 著者は記している。「姦通罪」があり、「有夫の女の姦通は罪であり、相手の男も、夫から訴えられたときは獄に下らねばならない」時代だった。「北原白秋は、1912年、人妻松下俊子と通じて市ヶ谷監獄に入った。婦人公論記者波多野秋子とからだで結ばれた五日後に軽井沢別荘で情死した有島武郎は、秋子の夫に“姦通罪で訴えることを最終手段とした脅迫”にさらされていたといわれる。」「世に叛く行為への指弾は、女の一身に注がれて当たり前のときであった」と。

 さらに、「白蓮事件」の年(1921年)、「51日の第2回日本メーデーに赤瀾会の女たちが『婦人に檄す』のビラを撒き、10名が検束あれる。7月には、東北帝学教授石原純と原阿佐緒の不倫の関係が満天下に明らかになり、『女流歌人との恋に悶えて石原博士辞職す』と報じられた。」とも記している。 

時代の波はざわめきつつあったが、いまだ牢固たる縛りが生きており、それを突き破るには至ってはいなかった。まさに命がけの恋路であり、死の逃避行であった。
いつの時代も、荊道を切り開く先駆者があり、それらいくつもの屍の上に、新しい世界を拓く、それが今に連なるわけだが、「白蓮事件」もその一つだと思う。

 最大の疑問、伝右衛門は姦通罪でなぜ訴えなかったのか?著者は「それはおそらく菊の御紋の内側への配慮、何らかの“圧力“が、そこにはたらいたのではないかと。」言う。正鵠を得ているだろう。「菊の紋章」、見るだにぞっとするが、今もって陰に陽に私たちの意識と行動を縛るトンデモナイ代物だ。(ささき)