「ぼくは君たちを憎まないことにした」

著者:アントワーヌ・レリス   土居 佳代子 訳

 

たまたま立ち寄った本屋さんで見つけた本ですが、読んでみたいと思ってすぐに購入しました。

内容は短いので、あっという間に読みましたが、犯罪被害者の家族の精神的な心の揺れがそのまま書かれていて、是非紹介したいと思いました。

 

著者は、20151113日の夜、パリで同時多発テロが起きたときに、妻を亡くしました。

著者は事件後に「テロリストへの手紙」をフェイスブックに投稿し、そのメッセージは世界を駆け巡りました。

そのメッセージは、最愛の妻を失った悲しみの淵から、犯人たちに対して憎しみを与えないと宣言した内容でした。

この本には、テロ事件から約2週間の出来事がつづられています。

 

2人には1歳5ヶ月の子どもがいます。

著者も息子も、妻・母の死と向き合わなければいけませんでした。

心の整理も出来ないまま、日常は待ってはくれません。

周りの人達は、犯人を憎まない私に「妻のことを忘れたのか」「犯人を許したのか」と聞いて来ますが、忘れてもいないし、許してもいません。しかし、犯人を憎み、犯人の死だけを喜んで、残された人々に微笑みかけることを忘れることはできないと書かれています。

 

1歳とはいえ、母を亡くしたことを理解し表現する息子さんとのやり取りや、著者の日常の中での気持ちの揺れなどが特に印象的でした。

残された2人は、絶望の中からも悲しみとまっすぐに向き合いながら、少しずつ生きていく希望を見つけて行って欲しいと思いました。



戻る