美人の日本語

 

著:山下景子 幻冬舎文庫

 

子どもを怒鳴り散らす自分の言葉遣いの悪さに我ながらげんなりすることがある。

そして娘は同じような言葉遣いでお父さんを罵倒する。まさに負のループ。

「美人の日本語」は41日から始まり、331日までの366日分の単語が11つ、書かれている。日付は書かれているが、ページ数は記されていない。

樹木や草花、自然を表す言葉などが多く、その歴史を知ることもできた。中国から伝わってきた単語や、日本が発祥の漢字などもさまざまあり、「へぇ、なるほどなぁ」と思わず声が出てしまう。

言霊という言葉のとおり、その言葉を口にするとそのような行動になる。

3歳の娘が自分の思い通りに事が進まなかったときに、「ママ嫌い」と言われた。

それに対して「ありがとう」と言ったら、「なんでありがとうなん!」と余計に怒られた。

イライラしても、なるべく「ありがとう」を言える人間でいたいと常々思う。

読むというよりも常に手元に置いて、心がざわついたときに開きたいなと感じた1冊だった。


戻る