日本国憲法763項は、 「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」と、「裁判官の独立」を規定している。本書は、これが現実にどう機能しているか、外からはうかがい知ることのできない、裁判官の世界に焦点をあてたものだ。書かれていることの8割が事実だということもあり、良質な推理小説の如き味わいがする。下手に感想めいたことを書くより、本書に書かれていることを紹介したほうがいいだろうと思い、以下に抜き書きしてみた。

 「法服の王国(上)」(黒木 亮)

プロローグ

2006年、志賀原発2号機運転差止訴訟判決を間近にしていた。東京高裁長官・津崎守は長官室で、「動いている原発を差し止める判決を出すのか・・・?」と、金沢地裁で裁判長を務める村木健吾を脳裏に浮かべていた。能登半島にいた弁護士の妹尾猛史は、浪人時代からの付き合いのある村木と訴訟でまみえる因縁を思い、良心に従がってその職権を行い、憲法および法律のみに拘束される裁判官人生を全うせんとする村木の心中を思い遣る。金沢地裁の裁判官室で判決文の草案に目をとおしていた村木健吾は、重圧を感じていた。スタンドにかかった黒一色の法服に目が止まった。どんな色にも染まらない、すなわちどんな意見にも左右されない公正さを象徴している。村木もその精神を信じ、正しいと思うところを貫いてきた。「それにしても・・・」 

1章 司法試験

時計の針は、そこから1965年秋、能登出身の予備校生の妹尾と司法試験をめざす村木が勤める高田馬場の新聞配達店に戻る。さらに196710月、東大本郷キャンパスに移り、法学部4回生の津崎と同級生の多島の会話。「青法協」や「全逓東京中郵事件」など、司法をめぐる話題が取りざたされる。その頃、妹尾の故郷では原発建設の是非をめぐる騒動が起こっていた。2年ぶりに帰省すると、父親は反対運動の急先鋒に、兄は電力会社の用地買収の担当者になっていた。司法試験に合格した津崎のアルバイト先には「経歴調査」が・・・(会社の金を横領し、実刑判決を受けて刑務所に入った父親のことが頭をよぎる)。 

2章 長沼ナイキ事件

19684月。村木と津崎は司法修習生に、大学2年生の妹尾は法律事務所でアルバイト。出先で偶然、四日市喘息裁判の手伝いについてきた妹尾は、弁護士修習中の村木と出会う。裁判官志望の村木は「裁判所は最後の正義の砦だし、『憲法の番人』として、およばずながら力を尽くしてみたいと思っている」と言う。 

19695月。津崎は札幌地裁で実務修習中。地裁では8月、自衛隊の合憲性が争われた「長沼ナイキ訴訟」で住民側が求める執行停止命令が出された。そして、福島裁判長に国側の主張を認めるよう手紙を送った平賀所長の問題(平賀書簡)が持ちあがる。週末、一年遅れで司法試験に合格した多島が津崎を訪ねてきた。実務修習で見た裁判官のお粗末な実態や裁判官の世界の「出世」をめぐる鍔迫り合いと人間模様の一端が明かされる。 

19701月。帰宅途中の電車で津崎は村木に出会う。「青法協」の会員は任官拒否されるとの噂が話題に。331日、「よど号ハイジャック事件」。4月、最高裁からの採用通知の電報が届くが、67名の裁判官任官希望者のうち3名(2名は青法協会員、1名は女性)が任官拒否される。521名の22期修習生のうち503名が任官拒否に反対する署名をし、弁護士1406名も支持署名をした。しかし、最高裁は人事の機密を盾に沈黙した。「自民党が300議席を超えたから・・・」との司法研修所の教官の言葉がよみがえる。1969年第五代最高裁長官になった石田和外は、青法協に対する圧力(「ブルー・パージ」)を強めた。 

3章 ブルー・パージ

1970年、「大阪万博」開催。4月に大阪地裁刑事部に判事補として任官した村木は、同期修習の判事補と歓談。憲法記念日を前に出された石田長官の談話(裁判官は中立でなければならない。その思想は憲法上は自由だが、裁判官として活動することには限界がありはしないか。)を問題視し、明らかに「青法協」を念頭にしたものだとの声があがった。東京地裁民事部に配属された津崎は、銀座で多島と飲んでいた。翌日、裁判長に呼ばれ、日頃のふるまいや言動について「注意」を受け、薄ら寒さを覚える。 

7月下旬、「天神祭」でにぎわう大阪。地裁の会議室では裁判官会議開かれていた。上席裁判官は裁判官全員の選挙で選ぶかどうか、熱い議論が交わされていた。10月、平賀書簡問題で訴追委は、平賀を不起訴、福島を起訴猶予の決定をし、これを受けて札幌地裁は福島に注意処分を言い渡した。タカ派が表に出てきた。能登では原発問題が大詰めを迎え、様々な波紋を起こしていた。12月下旬、札幌地裁では福島のもとで長沼ナイキ訴訟の口頭弁論が行われ、国会では「青法協」問題で質疑が行われた。 

19711月、最高裁では宮本判事の再任拒否に向けた密議が凝らされていた。3月、23期の7人(うち6人が青法協会員)が任官拒否され、翌日、宮本判事の再任拒否が報じられ、4月の国会でこれらが取り上げられる。5月下旬、横綱大鵬が引退、津地鎮祭事件で名古屋高裁が違憲判決。6月の終わり、妹尾は富山地裁で「イタイイタイ病訴訟」の一審の原告勝訴判決を聞く。大阪地裁では、判事補会が提案した上席裁判官の公選制に対して、最高裁の意を汲む馬場所長が恫喝交じりで説得工作をしていることを糾弾する声が響いていた。 

4章 獅子座の女

19721月、津崎に最高裁事務総局人事局の局付(出世コースと言われている)への異動内示が出る。4月、最高裁事務総局で沖縄返還に伴う裁判体制整備の準備が進められ、515日、27年ぶりに沖縄が日本に復帰。能登では、賛成派と反対派の対立が続き、県が収拾に乗り出すもとん挫。秋、予算の季節、大蔵官僚接待の席に津崎も同席。すべて税金だ。 

19734月、村木は熊本地裁に異動。司法試験に挑戦している妹尾は正念場である7月の論文試験に向かう。6月、村木は、熊本地家裁人吉支部の裁判官がパンクしたので応援に。97日、「長沼ナイキ訴訟」第一審判決。「保安林の指定を解除する旨の処分を取り消す」「自衛隊は明らかに軍隊であり、憲法9条第2項によって保持を禁ぜられている戦力に該当する。防衛庁設置法、自衛隊法、その他これに関する法規は、いずれも憲法右条項に違反し、憲法98条によりその効力を有しえないものである」。画期的・歴史的な判決だ。自民党は怒りをあらわにし、社会・共産・公明の野党3党は歓迎し、勢いづく。「週刊プレイボーイ」が活躍する男たちシリーズの第1回に裁判長の福島を取り上げる。10月の終わり、妹尾が司法試験に合格する。同じころ、最高裁事務総局人事局長室では「長沼シフト」が取りざたされる。12月、津崎は弓削(最高裁人事局長)の姪(チェロの客員奏者)との見合い結婚を勧められる。同じ頃、大阪の法律事務所の一角で妹尾は、伊方原発訴訟の訴状を読んでいた。 

19751月、津崎は前年5月に千代田区隼町に聳える地上5階、地下2階の要塞のような建物に移った最高裁事務総局の人事局任用課長の部屋で移動予定の裁判官について課長に説明をしていた。5月、最高裁第一小法廷は「白鳥事件」の再審請求に対し、「再審開始のためには、確定判決における事実認定につき、合理的な疑いを生じせしめれば足りるという意味において、『疑わしいときは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則が適用される」という画期的な「白鳥決定」を出した。これを契機に、加藤新一老事件、財田川事件、弘前大教授夫人殺人事件、免田事件、松山事件、徳島ラジオ商殺人事件の再審の扉が開かれ、無罪判決が出された。 

5章 原発訴訟

1013日、松山地裁で伊方原発訴訟の最初の証人尋問が行われた。原告側の証人として立ったのは早稲大学理工学研究所教授の藤本陽一。藤本の斜め前に立ち、尋問メモを手にした藤田良一弁護士が訊く。黒々とした頭髪で、太い黒眼鏡をかけた46歳の大阪の弁護士である。証言は、原子力研究を日本でやるべきかどうかとの議論があったことから始まり、科学技術庁長官であった正力松太郎が発電炉を購入することを決定し、東海発電所で使われた。その後、米国製の軽水炉に代わり、東海発電所を除いて、商用稼働している原発はすべて軽水炉になった。証言はさらに、原発での発電と核分裂反応の仕組み、放射線障害の問題、米国での事故に移り、伊方原発で考えられる事故に及んだ。そして、藤本は「原発をシステムとして見たときの最大の問題は、死の灰をどこに置き、どうするかということです。ところが、この一番頭の痛い問題を最後にのばしている。本当は、この問題の目処がつかなければ、大きな規模では始められない。ましてや費用がいくらかかるかも分からない」と6時間にわたる証言を終えた。 

1127日、「伊方原発訴訟」の2回目の証人尋問。国側の証人で東大教授の内田秀雄が証言席にすわった。国側の代理人が原子力発電所の安全審査手続き、開発の歴史について訊く。新聞などで報道される燃料棒が曲がったとか、蒸気発生器の細管から蒸気の漏えいがあったという事象は、事故ではなく「現象」だと断じた。また、仮想事故が起こるようなことは、技術的には考えられない、ありえない。緊急炉心冷却装置が必要なときにまったく動かないことは考えられない。「藤本証人が、原子炉の圧力容器が割れる場合だとか、あるいは格納容器をさらに突き抜けていく場合だとか、放射性物質が大量放出される、そういうふうな趣旨のことをいわれたようですが、そういうことは考えられるのでしょうか?」との問いには、「考えられるか、考えられないのかというのは、見解によって違うと思いますけれども。わたしは考えられないと思います」と答えた。「伊方原発訴訟」は最高裁も注目していた。判決時期をにらみ、裁判長に誰をもってくるか、人選が始まろうとしていた。まもなく、津崎に法務省訟務局付の辞令が出た。1976129日、3回目の証人尋問。津崎が反対尋問に立った。担当を命じられて2か月、死に物狂いで勉強して準備した成果が問われる場面だ。 

6章 天草支部

19764月、村木は熊本地裁天草支部転勤に赴任した。「ロッキード事件」が政財界を揺るがしていた。5月、松山地裁では内田秀雄の反対尋問が行われた。黒々とした頭髪を頭の中央で分け、太い黒縁眼鏡をかけた藤田一良が訊いた。原告団の弁護団長を務める京大出身の弁護士で、若い頃野球で鍛えたがっちりした身体つきである。温排水の問題、放射線の問題、死の灰の問題、仮想事故の問題、安全装置の問題について舌鋒鋭く、辛辣な質問を浴びせ、内田を追求する。取り乱した内田に傍聴席から失笑が漏れる。 

法務省の会議室では、訟務局長が訓示している。国の重大な利害に関する事件や、各地で同種の訴訟が提起されて国の見解を統一して対応すべき事件、すなわち、原発訴訟、教科書検定不合格処分取消請求訴訟、薬害訴訟、再審無罪となった元死刑囚の国家賠償請求訴訟などへの対応、法解釈の問い合わせへの回答、事件に関する決裁、国会答弁など、訟務局としての体制整備が必要だと強調していた。

会議後、津崎は訟務局長に、「伊方の旗色がよくない」、「裁判長の村上は、原発の安全性に対する疑問と国策の間で揺れ動いている」と伝えた。「原告勝利の判決が出てもおかしくない」との局長の言葉に津崎はうなずき、「最高裁で、会同で意思統一を図るべき」と進言する。(会同は、最高裁事務総務局の考え方を下級審の裁判官たちに周知徹底する場である) 

727日、田中前首相が5億円を受領した外国為替及び外国貿易管理法違反の容疑で逮捕される。

85日、札幌地裁では「長沼ナイキ訴訟」が控訴審判決を迎えていた。「長沼シフト」で送り込まれた小河裁判長は、忌避を申し立てられるほどに強引な訴訟指揮を行い、原判決を取り消した。判決は、わざわざ自衛隊の憲法判断に統治行為論(高度の政治性を持った国家の行為である統治行為は、裁判所の審査権の範囲外にあるとする考え)を採用した史上初の高裁判決となった。全国の裁判官たちは、判決に接して寒々とした気分を覚え、行政と対峙することに一層臆病になった。

(上)終わり。

1906〜70年代の出来事がいくつも並び、否応なしに「あの頃」にまなざしが向く。「あの時」に感じたことと、時を超えた今に思うこととは必ずしも重なりはしないが、大きなズレはない。まさしく、あのような時代にあって、あのような空気を吸い、あのような生き方をかすめてきた。そうして来し方に想いを馳せれば、いささかのノスタルジーめいたものも湧いてくる。古き良き時代などとは言えないが、そこに足跡を刻んだことが、今に至っているのだと再認識する。翻ってみれば、階級闘争の時代は幕を下ろしたかのように喧伝されるが、その内実は形や装いを変えただけで、本当のところは少しも変っていない。切り拓き、獲得してきた地歩は浸蝕され、いまや見る影もなくなりつつある。歴史は繰り返すというのなら、来たるべきものは、現在の止揚の先にあると言うことができよう。問題は、それが何かであることだが、それは様々な分野での日々の格闘によって織りなされるものだろう。部落解放運動も狭山闘争もその一つとして、確かな織り込みをしたいものだと改めて思う。(ささき)