知っていますか?『部落差別解消推進法』

法律名に「部落差別」という言葉が入ったのは初めてですが、6条・935文字の中に「部落差別」という言葉が19回も出て来ます。そして、部落差別の存在を認め、許されないものであるとして部落差別のない社会実現をめざすことをうたっています。しかし、差別禁止や人権侵害救済は盛り込まれず、実効性にも疑問符がつくし、その理念を現実化するための仕掛けと具体策もこれからで、綺麗ごとで終わってしまう恐れもあります。差別の現実を変えるのは法律ではないこと、私たち一人ひとりの不断の取り組みこそが不可欠であること、法律はそのために活用すべきものということを忘れてはいけないと強く思います。

●「条文」
●ポスター

以下は、豊中市のホームページ

部落差別の解消の推進に関する法律が施行されました

更新日:2017年5月12日

部落差別とは、特定の地域出身であることや、そこに住んでいることなどを理由に結婚を反対されたり、就職や日常生活において様々な差別を受けるとういう日本固有の人権問題であり、近年では、情報化社会の進展にともない、インターネットの書き込み等を利用した新たな差別事象も発生しています。

平成28年(2016年)12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。
この法律は、現在もなお部落差別が存在し、全ての国民の基本的人権の享有を保障する憲法の理念にのっとり、部落差別のない社会を実現することを目的としています。

お互いを認め会い、一人ひとりの人権を尊重し合う社会を築きましょう。